ボロボロになる前に解決を|心療内科でのココロケア

医療

心療内科で受診

精神科とは別。内科の仲間

外人

心の不調を感じた場合には病院への受診を考えるときがあるかもしれません。実は、心療内科は精神科とは別ものなんです。名前を見てわかるとおり、心療内科は内科の仲間です。主に、心身症を扱います。心身症とは、身体だけでなく心理的、社会的要素などが絡み発症する身体疾患であると考えられています。身体疾患なので内科での扱いになるというわけです。精神科は精神疾患を扱うので完全に別の受診科目ということになります。心療内科は軽度の精神疾患扱う病院ではないのです。

スムーズな受診のために考えること

心の不調は感じられるものの、どこを受診したらよいかわからないことも多々あると思います。そうしたときに考えるとよいのは、身体的な不調があるかどうかということです。身体的な不調が認められる場合には、心療内科へ受診するとよいでしょう。例えば、身体的な不調がメインだが、検査をしても異常がなくストレスが関係していると思われる場合には心療内科へ受診すると、適切な処置がしてもらえます。もしかすると、ちょっと敷居が高い、偏見があると感じ受診をためらうかもしれませんが、心の不調は早期発見早期受診が一番の薬になります。まだ症状が軽い段階で適切な対応をすることで、症状の改善が早くなる場合が多いので、心の不調を感じたときには、身体的な不調があるかどうかをチェックして、どちらの医療機関にかかればよいかを検討することが大切です。